弱者から強者の質へ 

0 -

地球に愛と光を与えるライトワーカーに

憧れるニドボレーヌです(^^)/


潜在能力研究所所長

マスターYukitoshi Sigemiが

35年かけて開発し続けてきた

プログラムのエッセンスとして

誕生したお父さん塾。


今の結果を導いているのには、必ずプロセスがあります。

原因があるというところに、アプローチしているお父さん塾。


思考のパターンそのものに、プログラムは働きかけています。

状況とか、環境とか変わっても、あなたが弱者から強者へ変わることで

必ず成功へ導いていくことが出来るのです



お父さん塾は有料プログラムですが

マスターから許可を受けて

まさに核心部分のエッセンスを

シリーズ化してメッセージを皆さまに

お届けしています。


今回のお届けは弱者から強者の質へ

自己再生の科学アプローチがこれだ!です。


non-carrier-shikaku_R.jpg


弱者から強者の質へ 自己再生の科学的アプローチがこれだ!



■強者の質とは何でしょうか?■
自分の望む成功へ主体的に行動を起こせる人を強者
そう在りたいのにそう成れない人を弱者と呼びます。



今のままでは嫌だという想いさえ有れば
貴方は必ず変容できます。

貴方はどんな事が得意になれたらいいですか?
それが出来たらいいと思う事に、何が得意不得意を作り出すのでしょう?
企画力やアイディアの湧く頭脳と行動力を手に入れましょう。


目には見えませんが、強者はとてつもなく大きく育った意識の力を持っています。


自分の望む方向へ、主体的に行動を起こせる人を強者、そう在りたいのにそう成れない人を弱者と呼びます。


貴方が「今のままでは嫌だ」と思って変容を望むなら、意識の力というものをしっかりと理解する必要があります。

それは、理性の力や意思の力ではありません。

感情や気分や衝動・欲望と言ってもいいでしょう。



志と書く「意志の力」と言う言葉も有りますが、それは上手に育てた意識の力の事だったのです。


意志が弱いとか、意志が強いという言葉が有ります。

これも、理解しやすくする為に正しく言い直しましょう。

意志が弱いとは、意識の力の育て方を知らなかった。

そして意志が強いとは、知ってか知らずか、意識の力を育てるコツに何故か気付いていた。


例えて言うなら、意志が弱い人は、毎日貰っている小遣いを全部捨て続けていて、

意志が強い人は毎日貰っている小遣いを貯め続けていたということですね。


だから、いざと言うとき、強者は何でも買えますが、弱者は何も買えない訳です。

意識の力を育てるには、忍耐辛抱我慢は要りません。

むしろワクワクする気持ちの方が重要です。

今まで知らずに捨てていたお小遣いを、今日から溜めるとしたら、ワクワクして来ると思いませんか?



弱者の立場からのスタート


240_F_16093588_tAlh8pOCOaEW7npVfqvXFYjFgCuE9Rxs.jpg



忍耐辛抱我慢は、有害です。

(むし)ろ今までの人生で、忍耐辛抱我慢を強要される局面が多かったので弱者になってしまったと言ってもいいでしょう。

それも追々ご理解いただけるようになります。

知らずに捨てていたモノに気付きましょう。


潜在意識のメカニズムから見れば、忍耐辛抱我慢は借金を作っていると言ってもいいですし、ゴミばかりを拾って溜めていると言ってもいいでしょう。


忍耐辛抱我慢の状態を放っておくと、それは状況を悪化させ、更にその状態を招き込み悪循環を起こします。

借金やゴミの重圧で、弱者は益々身動きとれなくなっているのです。


何故、こんな簡単な原理を今まで誰も教えてくれなかったのでしょう?


忍耐辛抱我慢を人生から、無くして、ワクワクする気持ちの育て方を知ることです。


後は、成長の過程で起こりくる様々な障害やトラップを前もって知っておけばいいのです。

という事は、そういう方法で意識の力の育て方に気付きさえすれば、強者の質としての一般に言われる「強い意志」というモノを誰でも手に入れることが出来るということです。

それは出来る人間になれるということです。



強者の質が啓けている人の特徴


ところで自分の望む成功へ主体的に行動を起こせる「強者の質」が啓けている人の特徴というと

貴方はどんなイメージを想像しますか?


いくつか見てみましょう。


◎自分は何の為にそれをしているのかという、はっきりとしたテーマを持っている。
◎色々なノウハウをスキルとして身に付ける事が出来る為、その分野でエキスパートになっている。
◎人に教える力を持ち、何事も、一応定めた目標を完遂するまで実行し続ける継続力が有る。
◎自発的な発想力や企画力を能力として持っていて、それを実行に移す行動力・実践力が有る。
◎人を巻き込み動かす力、それが商品ならそれを欲しくさせる力・・・説得力がある。等々


これらをセンスともいう訳ですがこれらのセンス(感覚)を開発できなかった人が弱者という立場に置かれ続けるのです。

強者の質を持つ人というのは、これらのセンスを意識の力にさせているのです。

そしてこの自動的に働いてくれる意識の力は、練り上げれば練り上げる程カリスマとなって力を持つ様になります。

意思の力の30~50倍の力を持つ意識の力にさせていますから、事の遂行は実に楽なものです。


意識の力が育っていない弱者が、強者のそれを表面的に真似ようなどとしたら、30~50倍の気苦労がいる事になります。

だから、弱者は強者には敵わないと錯覚して、自ら諦めるようになるのです。

例えてスプーンとフォークだけで一反(=300坪)の畑を耕すか、耕運機で耕すかと言う程の違いがあります。

どっちが楽かとよく考えて見て下さい。


心の眼を啓くと、強者の質であるbeinngというモノが見えてきます。


これこそが、ザ・シークレットだったのです。

貴方は、今後も人力によるスプーンとフォークだけで頑張りますか?




弱者の立場からの脱却


変革


弱者の立場の人は、意思の力ではなく、意識の力に作業をさせるという概念を理解する必要があります。

この意識の力を一般的には、潜在能力と言います。

潜在能力は、忍耐辛抱我慢に依っては開発されません。

強者の質を持つ人が夢や希望と共にその意識の力を楽々と練り上げている時間に、弱者は物事の真の捉え方というモノを教えられず、競争型努力を強いられ、不安や心配と共に忍耐辛抱我慢の中に漬け込まれます。

そうして潜在能力でない意識の力、潜在抗力と潜在邪魔力というモノを育てあげられてしまいます。

これら潜在抗力と潜在邪魔力と言うものは、先の強者の質を持つ人が開発するセンスを、尽く、それを身に付けたいとする原点から疎外する意識の力です。

ここの処をしっかりとご理解下さい。


やったら、絶対得する事だと知っているし、自分の実力になると分かってもいるのに、何かが抵抗して、それを実践し続ける事が出来なくなるのです。


一体このブレーキの様に働く力は何なのでしょう?

一般には「意思の力が弱い」という事で簡単に片付けますが、それは大間違いです。


そう考えてしまうから、自分自身を磨く事が不可能と成ってしまうのです。

そのブレーキを潜在抗力と言うのです。

そして、自分自身を変えられなくする力は潜在邪魔力です。


弱者は何と、強者の質を持つ人とはまるで逆の資質を形成してしまう様に、世のシステムに依って条件づけられてしまっていたのです。

何でも問題解決にあたっては、その原因を探る事が大切です。

原因が解れば解決手段が見えてきます。

解決手段を実践可能な因数に迄分解出来れば楽なものです。

弱者でも、「それなら自分でも出来る」と言える、それは寝そべっててもその訓練が可能になる程易しく、そしてその一つ一つまで細かく因数分解したその思考訓練ツールが「お父さん塾」なのです。

貴方は、今まで自分の為す努力が実らない、そのメカニズムを科学的に理解して知る事こそ重要です。

そして貴方がその事に気付かないと、貴方の子々孫々の累代に渡って被支配階級からは抜け出せず、貴方の子孫は、いつまでも隷属的なエンプロイー意識を植え込まれ続ける事になるでしょう。


そしてそこにはクーエ博士の唱えた「逆効果の法則=努力逆転の法則」が働き続けるのです。

それは、努力すればする程、絶対に避けたいとしていたそれに、正に正面衝突してしまうという事です。

より良くなる為に頑張って来たのに、殆どの人がそれとは逆の全く報われない人生になってしまっています。

その謎も、貴方は「お父さん塾」で、目から鱗が落ちる様に理解出来、積年のモヤモヤが一掃する事になります。


今解説している事がちょっと難しいと感じるのなら、今の段階では次の言葉を覚えて下さい。

「今のままでは嫌だ。私は強者の質を啓きたい」


そう感情を以て何度も繰り返し、感じて下さい。

モヤモヤ解消、それは意思の力ではなく、実に単純な方法で意識の力を練り上げればそうなれるのです。

そしてその方法は、実に容易い思考訓練の量稽古、つまりその積み重ねに過ぎません。

貴方は、今ちゃんと起きていますか?

私は、貴方も強者の質が啓くことが出来ると言っているのです。

貴方には、今、ここで述べられている事にピンと来てるか、その意味が分かっているという実感がありますか?

そして「それって本当?」と期待感が膨らんで来ていますか?


「私は強者の質を啓きたい」

その想いさえここで定まれば、貴方はこの段階では大成功です。

後は講義が進むにしたがって、一つ一つの理の理解を重ね、更にそれを落とし込む為に反復してさえすればいいのですから簡単です。

それは「やらなければならない」世界ではありません。

「やらずにはおられない、やらなきゃ損だ」という気持ちが、講義を反復しているだけで湧き起こって来ます。

そして日常の中でのちょっとした瞬間に、頭の中でそのコツを使い続けていたらいいのです。


このコツを学ばないとしたら、せっかく当たっているのに、3億円の当たりくじを破って捨てる様なモノです。

3億円のあたりくじを破って捨てる。

もしそんな愚かな事をする人がいたら貴方は如何思いますか?


このやったら誰でも出来る、科学的な実践が実に容易い方法が発見されたというのに、それを見逃すのは、3億円の当たりくじを破って捨てるのと同じことです。

思いたったら、吉日です。

貴方は、「後から指を(くわ)えて見ている」しかなくなる愚者の選択肢を、絶対に選んではいけません。



出来たらいいなと想像して期待感を膨らませる


期待感

「こんな事が出来たら」という事を色々と想像して期待感を膨らませましょう。

色々な分野で様々な事が想像できますが、それを叶えるにも90%はお金が絡んでくるでしょうから、

ここでは経済面で考えて見ましょう。

収入アップをはかるには、どんな事が出来たらいいでしょう?


◎文章に対する深い読解能力が有り、人の話からでも字面では無く、その真意を汲み取る事が出来る。
◎自分の感じる事、思う事を言葉で表現出来、相手にも共感させる説得力がある。
◎色々な教材から習う事をスキルとして身につけ、それを自分のビジネスに応用する事が出来る。
◎豊富なマーケティング知識を持ち、企画力と継続的な行動力と実践力を持つ。
◎ネットを活用できるスキルを持ち、人の心を動かせるコピーライティングが出来る。等々


その結果 、貴方は収入を生み出す資産というモノ、つまり収益システムを作り出す事が出来るのです。



潜在抗力と潜在邪魔力の障害

潜在抗力や潜在邪魔力は、そう在りたい弱者のマインドにどの様な障害を作り出していたのでしょうか?

ひと言で言えば、弱者は成功者からどんなノウハウを学んだとしても、思考が広がらない・連想が浮かばないから始まって、応用が効かない思考になっているとのことです。

習った事以上の事は、何もわからないし考えが及びません。

これは暗記中心の義務教育の弊害です。

幾ら応用的な話を聞いても、ただ知識を増やすだけで、常にA=B・B=Cに留まっています。

自分なりのC=Aの発見という「腑に落ちた!わかった!」という感覚が生じないのです。

これは思考がブロック状態にあるのです。


「自分の場合はこうすればいい」が何も出て来ません。

その度合いもだんだん酷くなると、「手とり足とりおんぶだっこ」でないと、何も行動出来ません。

自分では何をしたらいいのか分かりません。

強者がどういう思考状態に在るのか等考えた事もありません。

言われた事しかわからない。

絵を見なければ何も理解出来ない動物状態です。

考える事が出来ません。


弱者は認識力というモノが、十の説明を受けて、やっと一つが分かるか否かというようなレベルなのです。

強者は一聞けば十を悟る様な、そして自ら重要性を発見出来る鋭い感覚を持っています。



弱者から強者の質へ

yjimage9P0W1PC5.jpg


強者と弱者では、そのセンスと認識力は100倍の差が有ると言っても過言では有りません。

弱者は文章を読んでも、字面以上に言葉の持つ潜在的な意味の広がりが、自力では殆ど汲み取れないのです。

自分でその文章の意味を深く高くそして広くと、広げる事が出来ないという事です。


これは超重大な問題です。

しかしながら面白い事に、弱者は読解力が無い事自体に気付いてもいません。

これは知能の良し悪しの問題ではありません。

その様な感覚開発訓練が人生に有ったか否かの違いです。


義務教育時代と+αの12年間で、記憶し、暗記する力を問われ続けている内に「独立して自ら思索出来る能力」つまり考える能力というモノを全くと言っていい程、封印されてしまっているのです。

そして、建設的な方向へ発展しようとする質を、封印させる意識の力は年々強くなる様に育てられています。

貴方はこの様な真実を示されて、今後もそういう真実を見聞きしなかった事にして生きていきますか?


rectangle_large_a5cd37f737b61c31e4dda84c166fa262.png

この様な学業の成績には表れない処に人の幸不幸を決定づける要素が隠れているのです。

さて、ではどの様に封印を掛けられ、そしてその封印自体に年々力が加わって行くそんな状態の中から弱者は、強者の質というそのセンス、または感覚を啓いて行ったらいいのでしょう?



弱者は、強者の質が啓けている人とは、学習の仕方がまるで違う事を知らねばなりません。

弱者にとっては、成功する法則とか、そのエッセンスとかだけを幾ら聞いても意味が有りません。

それが為になるモノなら、その人の内に敵とし巣食った潜在抗力が「保留」させたり「無意識の真理否定」を起こして、それがガンとして居座り、潜在能力の発達を許さないからです。


そんな弱者の潜在的な心理状態を完全解読している「お父さん塾プログラム」で直ちに楽しい思考訓練を始めましょう。

強者の質を啓かない限り、どんな良いと言われるノウハウもスキルとしては身に付きません。


貴方の人生に残されている時間は、後凡そ幾らくらいですか?

今のままでは絶対に嫌です。

弱者の為の世界最強の新成功法則「お父さん塾」で、強者の質を啓き自己再生を図りましょう。


お父さん塾バナー003


弱者から強者へjpeg

今回のお届けはここまでです。

マスターからのメッセージを30回反復したいと思う人の為に特別、合成音声でご用意しました。


ダウンロードはコチラ


マスターの学びを継続している人達に共通している事があるとしたら、その一つは、人生の中心として、考えるものが、学ぶ前と後ではおそらく、変化したんじゃないでしょうか?


強者の質を啓くとは人生において、それだけ重要な事と、ニドボレーヌは考えます。


お父さん塾では、人間界において、大切であり重要な、原理原則を楽しく学んでいくことが出来ます。


ひとつ、ひとつの言葉を大切にして

その言葉の原則は何だろう?


どんな問題についても、解決するために正しい質問をして

解決に導くことが出来る、強者の質を啓くまで、

ニドボレーヌは貴方を応援致します。


ページトップ