固定観念を外してこれからの人生をいきいきと自分らしく生きる-2

イキイキ



地球に愛と光を与えるライトワーカーの存在に
憧れているニドボレーヌです(*^-^*)

今回お届けするのは、
固定観念を外して
これからの人生をいきいきと
自分らしく生きるの2回目です。

現在、マスターが定期的に
お父さん塾」を開催しています。

人生をどう選択して生きていけばいいの? 
悩む若者にも、
親としてどうあるべきか?
を考える大人にも感銘を与え続けています。


固定観念を外して
これからの人生をいきいきと

自分らしく生きるは

その前段階として、お伝えしているものです。


自分らしく生きるとはどういう事でしょう?

この分かり易い言葉について
考えてみてください


どうも多くの人が
自分らしく生きられていないのでは?
と、マスターは指摘しています。

ではどうしたら、
自分らしく生きられるでしょう。

あなたが、「自分らしく生きる」
あなただけの回答を得たいと思いませんか?


学びを続ければ「自分らしく生きているなぁ。」
と納得できる日が訪れる事でしょう。

そしてそれをあなたから
未来ある子供たちに伝えてあげて下さいね。




固定観念を外してこれからの人生をいきいきと自分らしく生きる-2

一般庶民と、成功や幸せを手に入れて活き活きと
生きる人と、何処がどう違うのでしょうか?


人は、成功者を見てdoingを真似ようとします。
そして失敗します。
そこには、潜在意識のメカニズムから理解せねばならない
重要なポイントが在るのです。
何かが、自分の内側でブレーキとして働いているのです。
弱者の成功戦略
その正体を見極めましょう。
繰り返す言動想念は、潜在意識に落とし込まれて自動化します。
そしてそれが感じ方を形成します。
貴方は、子供に「学校の勉強」以上に教えて置きたいとする
教えや想いがありますか?
学校で、良い成績を取ってくれていたら安心ですか?


殆どの人は、自ら本質的な事を考えない様にと、
仕向けられているそのワナ自体に気付いていません。


子供達に伝えたい事。これからの時代に即して、
掴まさせておくべき事。


総ての子供は皆 天才性を秘めていると言われるのに、
それが歳と共に殆ど閉じてしまう訳は何か?


どういう育て方・言葉がけが、
子供に自ら自信を育む様に仕向けられるかご存知ですか?


親として、そのポイントだけは絶対に押えておく必要があります。

自動的に「とほぶる」様、世のシステムから条件付けられる弊害に気付き、
「タオめる」感覚を育てよ。


「タオめる」とは・・・
立ち向かう質問・落とし込む感覚・瞑想習慣がオート化している感覚。


「とほぶる」とは・・・
逃避質問・保留癖・ブロック思考が自動的になっている心の癖。


どんな時代が来ても、絶対に食いッぱぐれない方法をご存知ですか?
誰も知らなかった潜在能力開花法


ある事に気付いてさえいれば、どんな時代が来ても平気なのです。
子供達にその気質を培いましょう。


前回の記事

次回の記事

COMMENT 0