逆さまになっている感覚とはー1

地球に愛と光を与えるライトワーカーに

憧れるニドボレーヌです(^^)/

物事の本質はより内側にある。

結局は自分の心の問題が核心であって

これからの人生をイキイキと自分らしく

生きる鍵があります。

潜在能力研究所所長

マスターYukitoshi Sigemi が

35年かけて開発し続けてきた

プログラムのエッセンスとして

誕生したお父さん塾。

お父さん塾は有料プログラムですが、

マスターから許可をうけて、まさに

核心部分のエッセンスをシリーズ化して

皆さまにお届けしています。

今回は、逆さまになっている感覚とは! 

の1回目です。



逆さまになっている感覚とはー1

逆さまになっている感覚とは  

逆さまになっている感覚とは?

より深く顛倒夢想を理解しましょう。

バラ色の人生や成功を退ける、顛倒夢想と言うモノの正体は何でしょう?

その為にもまず、八正道の一つ、正しくモノを認識する「正見」を得ましょう。
人は普段、自分の感覚が逆さまになっている等とは、考えた事も無いからです。

人は誰でも、今よりより良い何かを目指して、日々努力を重ねています。

その努力に巧い下手は有るにしろ、誰でもそれが自分の為になる事を信じて頑張っています。

しかし殆どの人は、日々呻吟する様な想いを重ねながらも、現実がなかなかより良い方向に開けません。

貴方の近い将来に、ワクワク感や希望、バラ色を感じるモノが有りますか?
それとも不安と心配でしょうか?

こんなに大変さに耐え抜いているのに、周囲はちっともその大変さを分ってくれないと嘆く人もいるでしょう。

何故、頑張ってもちっとも報われない人もいれば、世には幸せや成功の階段を悠々と上る人がいるのでしょう?

貴方にもしお子さんがいるなら、その違いを如何教えて上げますか?

努力には、すればするほど報われる努力と、それを幾ら重ねても報われるどころか、努力すればするほど絶対に避けたいとしていたモノに、正に正面衝突してしまう努力が有るのです。


それを理解するには顛倒夢想と言う逆さまの感覚が判断基準に成っているという事を知る必要が有ります。

太っている人は太る事が大好きで、糖尿病に成っている人は糖尿病になる事が大好きです。

太っている人は痩せる事が大嫌いですし、糖尿病に成っている人は糖尿病が治る事は嫌いです。

以上の例題を一つの公式とすると、この不変の公式はあらゆる事に当て嵌めて見る事が出来ます。

さてその前に、貴方は先の命題が、「成る程そうだ」という了解は起こっていますか?

「お父さん塾」を始め、私は随所でこの話をしていますので、それが了解されているモノとして続けます。

○貧乏で貧困に喘いでいる人は、お金を失う事が大好きで、お金を増やす事は嫌いです。

○成功したいと思っても成功出来ないでいる人は、成功してしまう事が嫌いです。

○多くの男女は、愛が欲しいと思っているにも関わらず、恋愛をぶち壊し長続きしなくなる事が大好きです。

○幸せに包まれていないとしたら、幸せになる事が嫌いだからです。・・・他にも幾らでも在ります。


何故この様に、在るがままを「そのままストレートに認識する事」が出来なくなっているのでしょうか?

これらの命題の表現は、普通の常識的な文章として考えるなら、実に変な言い方かも知れませんね。

直ぐにこの謎が解けないとしたら「何故そう言えるの?」と前向きな質問が立ち上がって来ていますか?

それとも「そんなことはない!」とただ反発心が湧いて、思考停止状態に陥ってしまっているのでしょうか?

成功やより良い幸せ、その他愛でもお金でも、それらは人間性が豊かな人間力に引き寄って来ます。
そういう力、人間力と言えるモノは、様々な質で構成されています


車でもパソコンでも、それは様々な部品の組み合わせです。

心の眼で見れば、人間力も同じです。

貴方の憧れとする人を何人か思い浮かべて見て下さい。

その人はどんな性格の持ち主でしょう?

それは人によって様々だと思いますが、ここでは平均的な理想像を掲げて考えて見ましょう。

○ユーモアが有って話は面白く、情熱と行動力が有って確固とした自分の生き方を持っている。

○厳しい半面、包容力が有って話を良く聞いてくれるし、自分の事をよく分ってくれる。

○勇気を与えてくれるしエネルギーに満ちていて、その志は高く、その人の存在は世の中に絶対必要だ。

○熱心・親切、その上知的で爽やかさが有り、その人のもたらしてくれる情報は常に役に立つ。

等々、人々に慕われるリーダーという人達は、人を惹き付ける魅力とエネルギーを持っています。

そしてその結果、物心両面共に富や豊かさを手に入れています。貴方もその仲間入りをせねばなりません。


今回のお届けは、ここまでです。

次回は魅力ある人間力というモノを一つ一つ因数分解

していくところから、始めたいと思います。

楽しみにしていて下さいね(^_-)-


前回の記事

次回の記事

COMMENT 0