運命を変えて行くラッキー教室-3

地球に愛と光を与えるライトワーカーに
憧れるニドボレーヌです(^^)/

封印されていた能力が啓き始めるのは
可能性を感じる処から始まります。

潜在能力研究所所長
マスターYukitosi Sigemi が
35年かけて開発し続けてきた
プログラムのエッセンスとして誕生した
お父さん塾。

お父さん塾は、有料プログラムですが
まさに核心部分のエッセンスをシリーズ化して
皆さまにお届けしていきます。

今回は、運命を変えて行くラッキー教室の最終回です。


運命を変えて行くラッキー教室
幸せ

意思の力の30~50倍も強い、意識の力を味方にするコツを覚えればいいのです。


「出来る」人間は、それが無自覚であれ、また言い換えると皆この意識の力を知ってか知らずかそれを活用しているからこそ、出来る人間に成っているのです。

ですから貴方はまず心というモノを観察し、意識の力は意思の力より遥かに強い力を持っているという事と、それは自動的に働いているという事実を、貴方自身も発見する必要があります。

そしてその意識の力が、味方と成るのか敵と成るのか、そのどちらの場合も有ると考えるならば、それは自分の内に在りながらも他人的なモノだと理解する必要があります。
自分に同化して来る味方か敵かと考えれば、解り易いかも知れません。

「為になるのにやる気が出ない・為になる事でも嫌いと感じる」、また「ダメな事だと分っているのに好きと感じて止められない」と言うのは、正に意識の力が自分の内側で他人的な敵になっている訳です。
では、何が自分の内側に敵を育て、或いは味方を育む事に成るのでしょうか?

人は皆、日々総ての時間を通して、「感情・気分・衝動」が湧く元となるデータベースを造っています。


それは日々刻々と、過ごした時間に比例して蓄積しています。

そこには同類親和の法則も働いて来ます。

それは「感情・気分・衝動」と言う力を持つモノですから、意識の力を練り上げているとも言えます。


そのデータベースから、「感情・気分・衝動」という、理性ではなかなか抗えないモノが湧いて来るのです。

さて、問題はココなのです。私達は無自覚なまま、どんなデータベースを造っているのか?

良い香りはどんなモノから漂って来るでしょう?臭い臭気はどんなモノから発生して来るでしょう?
私達の心に湧いて来る快不快の気分や感情は、丁度この関係に似ています。
心地良い気分やエネルギーはそれを醸し出すデータベースから、また滅入ったり不快に感じる気分はそれを発生させるデータベースから来ているのです。

データベースの未熟な赤ちゃんには、基本的な気分や感情以外はまだ発達していませんね。
赤ちゃんに「バカ」と言ってもきっと怒りませんし、「100万円上げる」と言っても喜びません。
それをそうと認識して反応するデータベースがまだ無いからです。


このデータベースで育つ意識の力というモノには、方向性を持った3種類の力が有ります。


それは私達が意識をどの方向で使っているかで総て決まり、常に無意識の記憶として蓄積し続けています。

言い換えると、私達の意識の使い方・心遣い一つで、その3種類の内のどれかが育ち続けているという事です。
その3種類の意識の力とは、
潜在能力、潜在抗力、潜在邪魔力、です。

「出来る」人間は、の潜在能力が意識の力として発達して来ます。
「頑張っているけど出来ない」人は、の潜在抗力や、の潜在邪魔力に阻まれているのです。


潜在抗力や潜在邪魔力は、意思の力で頑張ろうとする程、潜在能力の発達を阻止します。

その様な不都合なモノがいつ何処で、どの様に育ってしまったのでしょうか?統合分離表 をご覧下さい。
統合側の心遣いは潜在能力を育てますが、分離側の心遣いは潜在抗力や潜在邪魔力を育てます。

誰も気付かずに育ててしまっている潜在抗力や潜在邪魔力・・・この概念は世紀の大発見です。


多くの人は全く無自覚なまま、プラスの資質を示す言葉にマイナスのイメージが癒着して、イメージ的結論として心の奥深いデータべースに落とし込まれてしまっています。そしてそれらは複合化して行きます。

一旦落とし込まれてしまうと、それは無自覚なまま、同類親和に依って自動的に反復する様にもなります。

 貴方はプラスの資質を示す言葉に憧れを感じ続けているでしょうか?

 プラスの資質を示す言葉・・・それともその言葉が脳をスルーするだけでしょうか?

 それとも、それを避けたいモノだと感じてしまうでしょうか? 

次の言葉をちょっと意識して見て下さい。

積極性・行動力・率先する・寛容・許す・説得力・セールス・人前で話す等と聞いて如何でしょう?
他にも100個位は有りますが、これらは総て、やる気や意欲を湧かせ、ラッキーさを引き寄せる資質です。


多くの人はラッキーな人生になる事が、基本の部分で嫌いになっている事に気付かねばなりません。


また逆に、不幸を引き寄せるマイナスの資質が在っても、平気になっている事にも目覚めねばなりません。

不平・不満・恐怖・疑い・心配・嫉妬・怒り・憎しみ・内気・臆病・固定観念等と聞いて如何でしょう?
他にも100個位は有りますが、これらは総て、ラッキーさを退ける資質です。

これらがデータベースになっていると、潜在抗力や潜在邪魔力としてやりたい事のブレーキになる他、嫌な感情や気分に苛まされ、やる気は失せて行きます。

感じ方が逆さまになってしまっているのです。この逆さまになっている感じ方を顛倒夢想と言います。

他の人を観察すれば、逆の感じ方に成っている人もいる訳で、どちらが得をする事に成るか、自分自身で一つ一つ見極め分別を付けねばなりません。貴方の感じ方を人が決める事は出来ないからです。


今までは、得体の知れないマイナスの感情に、我慢したり抑圧したりして、意思の力で戦う様に教えられて来ていました。そして殆どの人が正面から戦いを挑み、敗北感だけを積み上げる事と成っていたのです。

では正攻法では敵わない、30~50倍もの力を持つ「意識の力」にどう抗えば良いのでしょうか?


意思の力と意識の力は、それぞれ役割が違います。

意識の力は、理性を超える力を発揮して来るデータベースですが、意思の力は、そのデータベースにどんな情報を入れるかと言う選択の権限を持っています。そこが意識の力には無い特長です。

プラス思考に導く文言の反復こそが、データベースを書き換え運命を書き換えるキーワードです。

マイナスの感情に為す術も無く、そのまま流されたり騙され続ける人間であってはいけません。

それを無視して感情のデータベースを書き換えてしまう人間に成りましょう。解ってしまえば簡単です。
聴き込んでいるだけでそれが自動的に出来てしまうというのが、今までこんな方法は何処にも無かったと言える「お父さん塾」プログラムなのです。


貴方は自分の感情・気分・衝動の支配者でなければなりません。

いつまでも人生に「棚から牡丹餅」を夢見て待っていてはいけません。
この情報は、自分から掴めばとんでもない牡丹餅ですよ。

 

今まで誰も解き明かせなかった「お父さん塾」で伝授される技法が、貴方のセンスを開花させます!


光り輝く


次回の予告
逆さまになっている感覚とは?

自分の中にもある、顛倒夢想を理解していただくために
次回も熱く、熱くお伝えしていきます。
お楽しみに♪

前回の記事

次回の記事

COMMENT 0