固定観念を外してこれからの人生をいきいきと自分らしく生きる - 1

イキイキ

地球に愛と光を与えるライトワーカーの存在に
憧れているニドボレーヌです(*^-^*)

現在、マスターが定期的に
お父さん塾」を開催しています。

人生をどう選択して生きていけばいいの? 
悩む若者にも、
親としてどうあるべきか?
を考える大人にも感銘を与え続けています。


固定観念を外して
これからの人生をいきいきと

自分らしく生きるは

その前段階として、お伝えしているものです。


自分らしく生きるとはどういう事でしょう?

この分かり易い言葉について
考えてみてください


どうも多くの人が
自分らしく生きられていないのでは?
と、マスターは指摘しています。


では、どうすれば
自分らしく生きられるのでしょう?
そしてそれを未来ある子供たち
へどう伝えたらいいのでしょう?



固定観念を外してこれからの人生をいきいきと自分らしく生きる-1

これからどんな社会がやって来るのか?

その時代の先読みが必要です。


コンピュータの発達は、これから益々人の仕事を奪う。

現在の価値観や常識が通用しない時代が来る。

企業の終身雇用は崩壊し始めています

年金制度は大丈夫でしょうか?

これから世の中は二分して行くと言われていますが、
何がどう変化するのでしょう?


この混迷の激動する社会と時代に遭って、
私達はどう在ったら、自分や子供達がこれからの人生を
活き活きと自分らしく生きられるのでしょう?


原因のはっきりしない諸々の不安要素を、
それは何が原因で、どうしたら払拭出来るのでしょう?


 ※ ここで呼びかける質問には、総て目の覚める様な、
とても詳しい解説付きの解答があります。


常識はいつの時代も覆される!

これからは、色々と隠されていた真実が明らかになる時代。
全くの嘘が、テレビ新聞等のマスコミを通じて、
公に流されまくっている事実をご存知ですか?


マスコミがマスゴミと呼ばれ始めていますが、
貴方はその理由をご存知ですか?

捏造報道や仕組まれていた自虐史観から、日本人は目覚めつつある。



意識の時代が来る!

情報に飲み込まれず、
これからは一人一人が情報をコントロールし
活用する能力が求められている。


また、競争原理による義務教育の弊害が、
次々と露呈し始めている。
どんな凶悪な犯罪者も、自殺する人も
昔は可愛い小学生、中学生だった時期がある。


何故、子供の時からそういう人間が育たない様にと、
公的な教育は為されないのか?


どういうプロセスで、人の痛みを感じない人間が
出来てしまうのか?
今の教育システムは、そもそもどういう意図の元に

形作られているのか?


根本的な問題は、
誰もその解決策を見出していない事にある。


誰もどうしたらいいのか分らない。
それは何故でしょう?



私達はちょっと視点を変える必要があります。


doing しか見ない現代社会のモノの見方では、
being に起因する問題の原因は何も見えない。

 
 

例えば、自殺に追い込まれる子供達は、
最終的な砦で在る筈の家にも自分の居場所が無かった、という事。


また、いじめ(生物の本能)は、
競争原理を義務教育の中心に据えている限り、
絶対に根絶は出来ない。


学校とは、上からの命令に素直に従い、
自分では考えないエンプロイー意識人間を養成する処


それは時代と社会の要請でもあり、今まではそれで十分良かった。
しかし、社会の要請とニーズは、全く今までとは変わって来ているのだ。


これからの潜在能力開花法

人々は、自分の中に眠ると言われる潜在能力に目覚めなければならない。
しかしその前に、無限の能力と言われるモノにブロックを掛けている。



潜在抗力の正体を知る必要がある。


親である我々自身が、まずその事に気付かねば、
子供の潜在能力を開花させる事は出来ない。


次回の記事

COMMENT 0