これからの時代をパワフル&ハッピーに生きるためのお父さん塾ー2

 

地球に愛と光を与えるライトワーカーに

憧れるニドボレーヌです(^^)/



今回は、これからの時代をパワフル&ハッピーに

生きるためのお父さん塾の二回目です!




現代医療の間違いを訴えている先生方を御存知ですか?



近藤誠・安保徹・幸田光雄・中村仁一・藤田浩一郎・内海聡。

これらの先生方の述べている事、それが事実なら三日も有った

ら、日本中で大騒ぎになってしかるべきだと思いませんか?




しかし、そうはなりませんね。



また何故マスコミは、有名人がガンでなくなった話は
報道するのに
癌が治った人達の特集を組んで
報道しないのでしょう?




これは、一般国民自体にも、深く滞在している根本的な問題

あるからです。



最大の悲劇は、悪人たちの圧政や暴力ではなく、善人たちの

恐ろしいまでの沈黙と無関心。沈黙と無関心は悪人と同罪である。」


と、キング牧師は嘆きました。



話を元に戻します。


抗がん剤の害を訴えても、ほとんどの人は普通の医者の勧める

有害な3大医療を受け入れる。

それは何故でしょう?



何故、真実が認められない、受け入れられないのでしょう?・・・総てそこには、理由があります。



繰り返している想いは、それが意識・無意識であれ、

それはやがて大きな意識の力(信念・思い込み)を造ります。



真実が受け入れられないタイプの人とは、

普段、どんな想いを繰り返しているのでしょう?



その繰り返している想いで「出来てしまった想いこみ」が

間違っていると、逆さまの感じ方が出来上がってしまいます。




そして、逆さまの感じ方が溜まると、嘘が好きになり、

本当の事が嘘に思えるようになってしまいます。


また他人の問題点をしっかりと理解する事で、他人事と

してでなく、自分の中に類似の構造が無いかと、

応用して考えられる思考力が必要です。



幸せ⑤ 




感情・気分・衝動等の感じを司る「潜在意識」は
まるで他人的。


それは貴方の味方でしょうか?


貴方は、したらいいと分かっている事には、

必ず「やる気が」沸いていますか?

それともしたらいいと分かっているのに、

なかなか実行出来ないという事は無いでしょうか?


人の感じ方というモノは10人十色。

大きく分ければ、それを好きと感じるか嫌いと感じるか。

しかし世間を見渡すと、そのしたらいいと分かっている事。

それをすいすいとやりこなしている人がいます。


この「人それぞれの好き嫌いの感じ方の違い」は、いつ

どの様に生まれて来るのでしょう?



その為にはまずは、潜在意識の成り立ちを見てみましょう。


赤ちゃんは、起こり来る経験を総て快か不快かで区分け

しながら潜在意識にデーターベースを造っていく。


また人は、深く考える事も無く、

「そう感じた事」をとおして「自分はそうだ」と信じて
データベースを造っていく。




「出来なかった・叶わなかった・自分を否定された」と言う

経験が多いと、否定観念が育ち、良い話を聞いても

自ら前もって否定する様に成る。



自然に出て来る「でも〜・だけど・しかし・そうは言うけど」

等に要注意。




今回は、ここまでです。


次回は、いよいよ、とても気になる顛倒夢想という言葉が

出て来ます。


お楽しみにしていてくださいね。


前回の記事

次回の記事


COMMENT 0